1.  > 
  2.  > 
  3. 10月の住宅メンテナンス

リフォーム・暮らしのアイディア

10月の住宅メンテナンス

 

 

 

(1)住宅の夏ばて

 

10月になると、台風も落ち着き秋がより感じられますよね。

 

10月の住宅メンテナンス

 

そこで皆さん!

 

夏の強い日差しや、台風などによる雨風を受け続けた住宅がどうなっているか。

チェックしたことありますか?

あるいはプロの業者に診断を依頼したことありますか?

 

何も問題ないように思えても、傷みが蓄積あるいは進行しているかもしれませんよ!

この季節、実はハンディマンには、以下のようなご相談事例が多いのです。

 

 

(2)屋根の破損

 

10月の住宅メンテナンス

 

屋根はそう簡単にチェックできませんよね。

でも、屋根が一番太陽光や天気などの影響を直接受けてしまう場所。

だからこそ、知らない間に思わぬ落とし穴が待っているんです。

 

そこで、特に多い相談が「棟包み(むねづつみ)」の診断や破損


屋根の頂部を覆う金物などのことを、「棟包み(むねづつみ)」といいますが、過去の事例を参考に写真を見てみましょう。

 

10月の住宅メンテナンス

 

右側の「棟包み(むねづつみ)」が、台風などの影響により変形しているのがわかりますね。

実際の物がこちら。

10月の住宅メンテナンス

 

同じように左側も変形しており、いざ取外してみると中の木材は黒っぽく、すでに腐食しておりました。

実際の物がこちら。

10月の住宅メンテナンス

 

もう限界を超えていました・・・。

これを放置しておくと、木材が完全に腐り雨漏りの原因になってしまいかねません。

 

このように、知らない間に屋根が傷んでいる可能性があるため、定期的に必ずプロに診断を依頼してください。自分では屋根に絶対上がらない!これが重要です。

 

最近では、自撮り棒を使って写真撮影される方も多く、それが一番安全で簡単にセルフチェックできますね。

 

 

(3)外壁のひび割れ

 

今度は目線を少しずつ下にさげて、よーく見てみると・・・「外壁のひび割れ」

 

10月の住宅メンテナンス

 

実は知らない間に、このようにいろんな箇所で「外壁のひび割れ」が起きているかもしれません。

場所によってはそこから雨水などが浸入し、中が腐食して雨漏り・・・なんてこともあります。

そこまで影響が大きいと、住宅工事が必要なレベルとなってしまい、多額の費用がかかってしまいかねません。

そうなる前に、目視できる所は日々チェックしてみてください。

 

お家全体の外壁塗装は費用もかかります。

ちょっとしたひび割れの場合、「コーキング補修」で済む場合もあります。

 

10月の住宅メンテナンス

 

費用も安く済むため、ハンディマンへのご相談も多い「コーキング補修」です。

「外壁のひび割れ」が気になったら、まずはプロへご相談ください。

 

 

(4)雨樋(あまどい)のつまり/補修

 

秋の季節はどうしても枯葉が気になりますよね。

 

 

この枯葉が雨樋につまり、雨水を排出してくれない。

そういうご相談もよくいただきます。

 

10月の住宅メンテナンス

10月の住宅メンテナンス

 

奥まで詰まってしまうと、そう簡単には取れませんよね。

 

10月の住宅メンテナンス

 

あるいは、破損しており雨水が予期せぬ場所から漏れている。

というご相談もあります。

 

10月の住宅メンテナンス

 

せっかく雨樋で、雨水を適切な場所に排出する仕組みがあるのに活かせていない。

そういうの放置していませんか?

 

放置しておくと、それが原因でカビやコケが生えるだけでなく、最悪雨水がうまく排出できていないことで、建物内部に雨水が浸入し、想像以上の被害を及ぼすかもしれませんよ!

 

 

雨の日に、正しく排出されているか是非チェックしてみてください。

 

 

以上が、10月にハンディマンへ多く寄せられるご相談事項です。

ハンディマンでお手伝いできない内容もあるかもしれませんが、少しでも気になったらまずはご相談ください。

 

被害が大きくなる前に、皆様の快適な生活をお助けいたします。