1.  > 
  2.  > 
  3. 川端 竜平
  4.  > 
  5. ハーマンミラー、セイルチェアの張り替え

ハーマンミラー、セイルチェアの張り替え

こんにちは!ハンディマン大宮店の川端です。

先日ご用命頂いた作業をご紹介します!

ハーマンミラー社のセイルチェアです。

帆船の帆からインスピレーションを受け、「セイル」チェアと名付けられたようです。

構造はシンプルながら、背面の幾何学的な造形がかっこいい…。

 

ですが、座面が擦り切れています。

大切に使っていても座面の摩耗は避けられません。

そこで生地張り替えのご相談を頂きました。

 

初めてのことなので、いろいろと調べました。

高い椅子ですし、大切に使われていますし、きれいにしたいです。

分解の方法を調べ、事前に分解の予行練習をさせて頂き、間違いがないよう作業の日を迎えました。

 

まずは座面を前にスライドさせ外します。

座面裏のカバーを止めたビスを取ります。

が、プラスドライバーでは外せません。

星形のドライバーが必要となります。

カバーを外すと既存の張地の端部が見えました。

プラスチックの下地にタッカーで留めてあります。

座面の形状が変わるリスクを避ける為、既存の張地の上から新しい生地をかぶせることにしました。

サイズの確認と柄の位置を調整し…

曲線に合わせながらプリーツを作ります。

こちら使用した道具です。

うまく刺さらなかった針は、マイナスドライバーとペンチで抜きます。

下地のプラスチックが固いので、タッカーも強力なものを用意しました。

余った生地をカットして…

完成!

擦り切れたスポンジの形状は残りますが、おおむね綺麗に仕上がったかと思います。

お客様の選ばれた生地で、一つだけのかわいいセイルチェアになりました!

 

新しい作業に挑戦させて頂きありがとうございました!

3
0