1.  > 
  2.  > 
  3. comrade本部
  4.  > 
  5. 不都合な「真実」

不都合な「真実」

アパートを所有している、お得様からの依頼。

キッチンを交換して欲しい。

 

とりあえず、指定されたアパートに大家さんと待ち合わせして現場調査に行きました。

かなり、古い物件です。

 

大家さんが鍵を開けて、私が中に入ろうとしたら、

「あっ、手を合わせてから入ってください。」と。

「へ?」

「いや、大した事じゃないんですけど。」

「以前、住んでた老人が孤独死して1ヵ月ほど放置されてただけですから。。。。」

サラッと言います。

 

「そろそろ、貸しに出そうと思って」

サラサラッと言います。

 

雨戸の閉まった部屋の中は薄暗く、何とも言えない雰囲気があります。

奥の和室の畳にはドス黒い跡が。

 

バラキッチンがだいぶ古くなっていたので、交換することで話がまとまりました。

商品が用意できて、交換に伺ったときは、壁、畳、襖がリフォームされていて見違えるようでした。

そこに、新しいキッチンです。

 

「なかなか、いい部屋じゃないか。フムフム。」

しかし、あまりいい感じはしません。

 

考えてみれば、家の中で人が自然死することは特別なことじゃないんですけどね。

後日、大家さんから連絡があり入居が決まって、物干し竿を掛ける金具をつけてもらいたいとの依頼がありました。

例の部屋にお邪魔すると、若い新婚?同棲?カップルが明るい雰囲気で住んでおりました。

 

作業中、喉まで出かかった「真実」を必死に抑えるのに苦労した次第です。

世の中、知らないほうがシアワセってこともありますからね。

さて、気になるこの物件の場所は。。。。。。?

「アナタが今住んでるアパートかも知れない……………………………..。」