1.  > 
  2.  > 
  3. 工藤 信樹
  4.  > 
  5. エアコン、Newバケツチャレンジ!

エアコン、Newバケツチャレンジ!

こんにちは。

Handyman 世田谷店の工藤です。

New バケツチャレンジです。

酷暑の中、フル稼働のエアコンも悲鳴をあげてますね。

今回は、どの家庭にもあるバケツとタオルでできる、エアコンの効きを良くする、今話題のライフハック。

 

室内は冷房全開。

室外機はフル回転、温度を計測してみましょう。

 

エアコン室外機からの風は、ほぼ50℃!

ヒートポンプと言って、室内の熱い空気を室外機に移しているので室外機は暖房状態。

気温と相まってかなりの高温です。

 

 

 

カバーも40℃超!

これでは、室外機がオーバーヒートしてしまいます。

ちなみに、エアコンもクルマのようにオーバーヒートするそうです。

当然、機械も熱くなり過ぎて壊れないように、一定の温度以上に上昇すると、温度が下がるまで一時的にストップします。

人間も機械も、高熱続きではいけません。

 

 

じゃ〜ん!

New バケツチャレンジ!

 

バケツとタオルで簡易冷却装置を装着。

昔から、高熱のときは、おでこにタオル、枕元に洗面器と決まってます。

高熱の室外機を冷やしてあげましょう。

 

ホースで水をかける方法もありますが、室外機までホースを伸ばすのも大変。

これなら、バケツに水が入っているので、かなり持続するし、他の室外機にも装着しやすい。

 

当然、カバーの冷却効果はてきめん。

31.6℃まで下がりました。

くちびるがムラサキになるくらい冷えます。

 

しばらくして、温風も計測。

8℃位下がってます。

室外機の温度が下がれば、動きも安定しますから、効率がよくなり省エネルギーになりますね。

 

 

室外機が安定すると室内温度も安定。

ひと夏冷やして、どのくらい節約効果があるかはわかりませんが、機械の負担が軽くなるのは明確。

 

簡単に誰にもできるライフハック。

ちょっとした工夫で、環境に優しく快適な生活。

 

一度、試してみては、いかがでしょうか。