1.  > 
  2.  > 
  3. 工藤 信樹
  4.  > 
  5. ドアの切り方(限定)

ドアの切り方(限定)

こんにちは。

Handyman 世田谷店の工藤です。

ドアのアンダーカットです。

横文字だとなんだかカッコいいですが、何の事はないドアの下を切る作業。

リビングの内開きドアですが、開けるとホットカーペットに当たってしまうので、切って欲しいとの依頼でした。

 

通常、欧米は玄関含め内開きですが、日本は外開き。

諸説ありますが、内開きは不審者が無理に入ってこようとしたときに、全体重をかけてドアを押せるからのようです。

日本は、靴を脱ぐので外開きのほうが使い勝手がいいとの事らしいです。

治安もいいですし。

ただし、ホテルや銀行は内開きのようです。

 

そんなウンチクよりも、ドアの切り方です。

ただし、丸ノコを扱える方限定です。

カットの準備をします。

ガラス入りは重いので、外すときや運ぶときは注意しましょう。

 

今回は1cmカットなので、切断線から丸ノコの刃とガイド間隔10cmに合わせて定規を固定します。丸ノコによって違いますから、使用する丸ノコで計ってくださいね。

これで真っ直ぐ切れます。

小技ですが、表面のカットラインにカッターで切り込みを入れておきます。そうする事で表面材がささくれになるのを防ぐ事ができます。

裏面は、丸ノコの場合、切り口がよくなるので不要です。

刃の出幅は、ドアの厚さギリギリにしておきます。

刃の入り角が浅くなるので、切り口が綺麗になるからです。

準備ができたらガイドに沿って丸ノコで切ります。

 

 

綺麗に切れました。

これで心置きなくドアを開けられますね。

丸ノコは危険な工具なので、あまりオススメしませんが、もし使える方なら、定規さえ上手に固定できれば直線切りが楽しくなります。

 

本来なら、建具屋さんや大工さんがやる作業ですが、知り合いでもいなければ、なかなか頼みにくいと思いますし、高い事を言われると思います。

家の不具合で、どこに頼んでいいかわからないときは、安心価格のハンディマンにご相談ください!