1.  > 
  2.  > 
  3. comrade本部
  4.  > 
  5. 給湯器を永くお使いになるためには、定期的な補修が必要です。

給湯器を永くお使いになるためには、定期的な補修が必要です。

こんにちは、Handyman本店の八木です。

 

給湯器故障の一つに配管保温材の劣化があります。

厳冬期になり配管が凍結してしまうと、お湯が出ない(水が出ない)という場合があります。

 

保温材を覆うテープは耐用年数が2年から5年と短く、給湯器を永くお使いになるためには、

定期的な補修が必要です。

また、劣化した配管保温材をリフレッシュすれば、熱効率が良くなり経済的です。

 

専任スタッフが修理・交換を行います。

まずはお気軽に Handyman へお問い合わせください。

 

S__4980770