1.  > 
  2.  > 
  3. 工藤 信樹
  4.  > 
  5. 直線と直角

直線と直角

こんにちは。

Handyman 世田谷店の工藤です。

棚板のカットです。

10年ほど前、弊社でリフォームされたお客様です。

可動式の棚ですが、少し出っ張っているため、奥の物が取り出しにくいとの事で、棚板6枚切り詰めの依頼です。

木工の基本はいたってシンプル。

正確に測る、寸法どおり線を引く、線どおり切る。

しかし、真っ直ぐ切るのがなかなか難しい。

そんな時は、定規を使います。

 

このように、定規をバイスで固定すれば、丸ノコが安定して真っ直ぐに切る事ができます。

手間はかかりますが、失敗する事が少なくなります。

また、仕上がりもきれいです。

フリーハンドでは、真っ直ぐのつもりでも結構曲がりますからね。

 

この方法を使えば、ホームセンターで板を買って簡単な家具をきれいに作る事もできます。

 

日本人の建築に対しての美意識は直線と直角。

直線と直角がしっかり出ていれば完成度が高いと感じます。

 

棚板の加工など、わざわざ大工さんを呼ぶのは。。

と思われたら、ハンディマンにご相談ください!

適正価格で対応させていただきます。