1.  > 
  2. 機能重視「TOTO洗面化粧台」vs. 価格重視「LIXIL洗面化粧台」

 

商品特徴

【機能重視】
「TOTO」
KEシリーズ

≪ボウル関連≫
●すべり台ボウル
≪水栓関連≫
●シングルレバー排水栓スッキリ収納
●エコシングル水栓
●昇降式シャワーヘッド
●ハンドシャワー
●ソフト吐水、シャワー吐水
≪ミラー関連≫
●エコミラー
●くもり止めコート
≪収納関連≫
●奥ひろ収納(奥ひろし)

vs.


【価格重視】
「LIXIL」
V1シリーズ

≪ボウル関連≫
●洗髪シャワー水栓
●樹脂ボウル
●ボウルサイドドライスペース
≪水栓関連≫
●スキマなし排水口
●ヘアキャッチャー
●エコハンドル
≪収納関連≫
●右奥排水口
≪その他≫
●V1シリーズの洗面台にD7シリーズのミラーキャビネットを組合せてカスタマイズ可能
1面鏡2枚扉600幅対決

「TOTO」
KEシリーズ

洗面扉のカラーは3色からお選びいただけます。照明は蛍光灯を使用。電気を使わない「くもり止めコート」機能も付加されており、お湯を使う場合でも気にせずご使用いただけます。ボウル容量は、間口600mmなのに大容量の「14リットル」です。
完売御礼

vs.


「LIXIL」
V1シリーズ

洗面扉のカラーはホワイトのみとなります。照明は蛍光灯を使用。「くもり止めコート」機能はなく、ボウル容量は「12リットル」ですが、サイドにドライスペースを設けており、使い勝手の良いシンプルな洗面化粧台にカスタマイズし価格を抑えました。
完売御礼
1面鏡2枚扉750幅対決

「TOTO」
KEシリーズ

洗面扉のカラーは3色からお選びいただけます。照明は蛍光灯を使用。電気を使わない「くもり止めコート」機能も付加されており、お湯を使う場合でも気にせずご使用いただけます。ボウル容量は、大容量の「17リットル」です。
完売御礼

vs.


「LIXIL」
V1シリーズ

洗面扉のカラーはホワイトのみとなります。照明は蛍光灯を使用。「くもり止めコート」機能はなく、ボウル容量は「15リットル」です。サイドにドライスペースを設けており、使い勝手の良いシンプルな洗面化粧台にカスタマイズし価格を抑えました。
完売御礼
3面鏡2枚扉750幅対決

「TOTO」
KEシリーズ

※2017年ハンディマン洗面化粧台売上No.1商品
※TOTO KEシリーズ大特価セール中のため値下げ中

洗面扉のカラーは3色からお選びいただけます。照明は蛍光灯を使用。電気を使わない「くもり止めコート」機能も付加されており、お湯を使う場合でも気にせずご使用いただけます。ボウル容量は、大容量の「17リットル」です。
完売御礼

vs.


「LIXIL」
V1シリーズ

洗面扉のカラーはホワイトのみとなります。照明は蛍光灯を使用。ミラーキャビネットは、D7シリーズの品番:MD7X1-753TYPUを組合せることで、「くもり止めコート」機能が付加されており、鏡裏の収納もバッチリ!ボウル容量は「15リットル」で、サイドにドライスペースもあります。機能面も充実しており満足いただける商品です。
完売御礼
※「TOTO」KEシリーズは他にもお取扱いしております。
高級クラスの紹介

「TOTO」
KZシリーズ紹介

ボウルまわりがとにかくすごい!陶器の表面に、独自の技術「セフィオンテクト陶器ボウル」を採用し、汚れが付きにくく落ちやすいのが特徴。また、広くて深い設計(高さ370mm)。ボウル容量は、間口600mmなら15リットル、間口750mmならなんと大容量の21リットルです。水栓まわりは、水栓の向きを前後左右に動かせる「エアインスウィング水栓」は使い勝手が良く、節水なのに水流はしっかりの「エアインシャワー」は大人気!ミラーまわりは、「スウィング三面鏡」の商品を選択すれば、鏡を手前に引き出せるので、コンタクトの脱着などいろいろ便利。その他にも機能は大変充実しております。とにかく商品を見てください!

vs.


「LIXIL」
D7シリーズ紹介

間口は最小500mmからで、カラーバリエーションが豊富。デザイン性にこだわりがある方に大変人気です。D7シリーズは、D7シリーズのミラーキャビネットに対し、V1シリーズの洗面台を組み合わせてカスタマイズすることが可能なため、種類が豊富で用途にあわせた商品が見つかりやすく、予算に合わせた洗面化粧台選びができます。今回ハンディマンで紹介しきれていない組み合わせ商品も多数ございますので、希望の商品が見つからない場合、お気軽にご相談ください。
完売御礼
※ハンディマンでお取扱いしていない商品でも、お気軽にお問い合わせください。