1.  > 
  2.  > 
  3. 工藤 信樹
  4.  > 
  5. リクシル、リトイレ便器の交換方法

リクシル、リトイレ便器の交換方法

こんにちは。

Handyman 世田谷店の工藤です。

今回は、リクシル、リトイレタイプの便器交換とクッションフロアの張替えをします。

 

今となっては巨大なタンク、大1回流すと12リットルくらい使うやつですね。

毎回、スーパードライ1箱分が流れていくわけです。

 

まずは外します。

 

案の定、便器の下はクッションフロアが貼られていません。

これでは新しい便器をつけても、床が見えてしまいますので、便器交換のときは、クッションフロアの張替えをオススメしてます。

 

リクシルのリトイレ。

既存の排水芯に合わせてアジャスターをカットします。

型紙がついてくるので、よく読んでカットします。

何故なら、リクシルとTOTOでは型紙の当て方が違うからです。

よく間違えてしまうので要注意。

 

アジャスターをカットして隙間が無いよう入念に接着。

固定部材の位置も確認。

 

 

クッションフロアを貼ります。

私の場合は、カットしてから糊付け。

クッションフロアの貼り方は、また今度。

ソフト巾木も張替えます。

 

クッションフロアを貼ったら排水アジャスターをセット。

 

便器を乗せて固定します。

便器固定の注意点は、ボルトを締めすぎない事。

強く締めると割れてしまいますので。

 

タンクと洗浄便座を乗せて完了です。

所要時間2時間。

あっという間にキレイなトイレに変身しました。

 

水まわりのご相談は、ハンディマンまで!